作・演出/西村太佑

舞台監督/丸山直己

照明/畠中泰正+菅俊貴

音響/游也(stray sound)

大道具/王様美術

演出助手/高野あや

殺陣/西村太佑+宮崎重信+石川健一

振付/侑奈里咲

振付アシスタント/一色彩世

アートワーク・チラシ撮影/アカツカモリオ

編曲/秦修

スチール撮影/渡邊純子

舞台撮影/田中一広(東京写真工房)

会場運営/木川美由紀

企画・製作/グワィニャオン

【期間】

2022年11月16日㈬~2022年11月20日㈰

【公演日・開園時間】

11月16日㈬ 19:00

11月17日㈭ 14:00/19:00

11月18日㈮ 14:00/19:00

11月19日㈯ 14:00/19:00

11月20日㈰ 12:00/16:00

 

※開場は、開演の30分前

 

【チケット】

前売り ¥5,000

当日  ¥5,500

 

【劇場】

シアターグリーン big tree theater

協力(順不同)

青年座映画放送株式会社

有限会社悟空

ケンユウオフィス

賢プロダクション

劇団昴

三木プロダクション

株式会社オフィスアネモネ

株式会社レオパードスティール

スワロウ

株式会社リンク・エンタテイメンツ

アールジュー

stray sound

ハグハグ共和国

Confetti

CoRich舞台芸術!

ジールアビリティ

フォトフィレール

東京写真工房

久光真央

福島県九段町。冬は雪深い豪雪地帯である。

翌年に近隣四つの町村と統合される為、九段町としての自治体はまもなく

消滅しようとしていた。町役場は町の最後を飾るべく歌手や劇団を招いて

フェスティバルを企画する。

この町をテーマにした舞台劇を上演してくれる劇団を募集するのだが、

担当職員が誤って二つの団体をダブルブッキングしてしまう。

 

一つは、

エンタメ趣向の若手劇団。

 

もう一つは、

活動30年の中年達のアングラ集団であった。

 

担当職員もミスに気付かぬままフェスティバル前日、

イベント会場に二つの団体が東京からやって来る・・・

 

2007年に西村太佑が他団体へ書き下ろした戯曲を基に、

設定や構成を変更し新たに書き直した2022年新バージョン!

 

※九段町は架空の町名であるが、南会津町や只見町をモデルとしている。

 

隣町と統合される小さな小さな田舎町で  

今宵、大きな演会がはじまる。